「つめる」には「言葉でおいつめる」という意味がもともとある

「詰る(なじる)」っていう字が読めなくて、「キツル、キツル」っていっ..

「詰める」って言葉

「詰める」の意味が変わってきてない?(例:上司に激詰めされる)

全部一人が書いたのかは分からないが、増田で「『つめる(詰める)』を問い詰めるという意味で使うのは『なじる(詰る)』との混同だ」と主張している人がいるようなので。

 

日本国語大辞典から引用

(2)身動きができないような状況に至らせる。

(ロ)対処できないような状況に追い込む。ゆきづまらせる。「問いつめる」「言いつめる」のように他の動詞と複合しても用いる。

米沢本沙石集「小禅師にてありし時も人をつめしが、当時も人をつむるやとぞ申されける」

 この沙石集(鎌倉時代本地垂迹的な仏教説話集)の用例がどういう状況かというと、以下のようなものだ。

少納言入道信西藤原通憲)の13回忌に親族や高僧が集まり、法会を開く事になった。その法会の総括役に信西の孫で高野山に隠遁している明遍僧都を呼ぼうとしたが、「遁世の身なので」といって出てこようとしない。親族たちは「遁世の身だからといって親の供養もしないのか。高名な坊主の言うこととは思えない」と文句を言ってもう一度使者を送った。

すると明遍は「別に俺だって親の供養はしたいよ。けどお前ら遁世を何だと思ってるの? 身内の葬式って言っても南北二京から有名な僧侶招いてるじゃん。そんなところに出ていって講師役を勤めたら、朝廷や他の貴族に呼び出されたときに断れないだろ。けどまあ親不孝になりたいわけじゃないから代役は送ってやるよ」と言って弟子を寄越した。

親族たちはこの返事を聞いて「小禅師にてありし時も人をつめしが、当時も人をつむるや」(小禅師だった時も他人をやり込めていたが、今もそうなのだなあ)と言った。

 つまり言葉を持って人をやり込めることを「つめる」と言うのは、鎌倉時代からある用法なのだ。「いっぱいにする」「身動きが取れなくなる(自動詞つむ)」というような意味でより古い用例があるため、本来の意味とまでは言えないだろうが、「問い詰める」の意味も古い用法なのだ。

現代では一般的でない、時代がかった使い方かもしれないが、別に「なじる」との混同だとあえて推定する必要はないだろう。