読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関谷あさみ「僕らの境界」

 f:id:type-100:20150210184434j:plain

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4863494777www.amazon.co.jp

エロマンガの話をしよう。(提案)

アフィ使ってないからどうでもいいけど、Amazonの広告貼れないでやんの。

女性の成人向け漫画家らしく(といっても他に岡田コウいとうえいぐらいしか知らないが)、ふっくらしたかわいい少女と感情の機微、そして鬱々とした雰囲気に定評のある関谷あさみの新刊である。本書収録のお話には「『僕』らの境界」のタイトルだけあって、男主人公から見た他者との断絶についての話が多い。体が一つになるからこそ心の距離を感じる、などというと陳腐すぎるだろうか。

分かりやすいところでは、以前触れた「山」は、恋に恋して大人との進んだ恋愛を楽しんでいる少女と、田舎的なリアルでチープな絶望に打ちのめされている高卒社会人の話だ。 前は「鬱屈した不満のはけ口として性欲で解消、みたいな主人公がなんというか生理的に受け付けなかった」などと書いたんだけど、単行本描き下ろしの続編でよりはっきりしたんだが、少女の側も本当に男を愛しているんじゃない。少女は男を利己的に使ってるだけで、いずれ男を捨てて、田舎を出て、成長していってしまう存在として描かれてる。そういう男を本質的に眼中に入れていない、天空神的な性質をもつ存在が、上の表紙絵の可愛らしい少女だと思うと興奮しますね。

「暑い夜」「溺れる夜に」の連作は少年と大人の断絶がテーマのような気がするが、ちょっと解釈に困っている。「dog's imagination」は思春期の男から見た理解不能な存在としての少女がテーマだろうか。

そういう暗い作品だけというわけではなく「ラストキング」はほぼ甘々でやってるだけのお話だし、「走れ!」は断絶を越えて一歩踏み出すラストがほろ苦く、少しさわやかな余韻を残す。ヒロインのジト目の妹ちゃんが可愛いこともあって、この「走れ!」が本書の中で一番気に入ったエピソードだろうか。やっぱり雰囲気が鬱々としてるとイマイチ実用性に欠けるしね!