読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を曲げたお前には、もう二度と、ラッキーはやらない!

 

相棒シーズン13 最終回「ダークナイト」改善案 - あざなえるなわのごとし

偽物を暴行したのもそうだけど、そのために友人を使ったのがサイテーにダサい。甲斐が自分で別の暴力犯を制裁し、そこにアリバイトリックを持ってくればよかった。

2015/03/23 20:58

 ダークナイトの予告を見た時、「杉下右京の圧倒的な正義の前に、周囲の者が歪んでしまう」みたいなテーマを期待した。そういうの好きだ。テーマは概ねそんな感じだったのだが、なんというかお話がショボくてどうにも。

最初から甲斐が犯人であることを示唆する演出が露骨だったので、実は甲斐は友人をかばっているだけじゃないかとおもったら別にそんなこともなく普通に甲斐が犯人だった。どんでん返しとか起承転結の転みたいな要素もなく、アリバイトリックらしきものも大したことなかった。一応推理モノなのにどうなの。

せめて悪役が魅力的ならドラマとして良かったのだが、そこら辺も不満だった。上のブコメで書いたように、既に法の裁きを受けることが決まっている偽物をわざと逃して私刑を加え、しかもその実行犯に、過去に恩を売った友人を使うというダサさ。

今まで用意周到に完璧な犯行を行っていたダークナイトだったが、偽物が逮捕されたためにやむを得ず急遽犯行を行ったために初めてボロを出した、みたいな展開なら面白かった気がするんだよなあ。